溢液(いつえき)現象9/25

前期夜冷苗定植後10日が経ちました。
溢液(いつえき)現象でとてもきれいです。今年の苗は根の傷みが多かっただけに心配していましたが、順調に根が動いているようです。

朝、いちごの葉っぱや顎(がく)の先に露のような水滴が付く現象で、葉っぱの先端から出てきたものです。
いちごの株は土から水分と肥料を吸収し、 朝に体内の余分な水分と肥料を葉の先から外に出します。
この水分が乾くと肥料分が残り、白いあとが付きます。
この溢液現象は、根が活発で生育が良い状態の時におきます。
つまり、溢液現象は健康バロメーターになるんです。

水滴が朝日に当たって、宝石のように輝いています。

写真
写真
Be Sociable, Share!