2011年 12月 8日

2011.12.8

早期夜冷分の頂果房の苺(右側の架台)8aがほぼ収穫終了しました。第一腋果は正月明けからの予定です。しかし後期夜冷分の頂果房の苺(左側の架台)8aは只今収穫ピークです。今年は見事に2作がずれました。これで1月以降もピークがずれ収穫・出荷作業が楽になり、全てのサイズがもれなく収穫できます。ピークが分散されるということは、作業も分散されるということで、16aを1人で管理するには必須条件です。(しんどいですが・・・)

2011年12月7日

内張り(サイド)のみ設置終了。夜間の温度保持と密閉度がアップしました。しかし当農園では天張は内張りの設置をしません。太陽光の透過率を落とさず、しっかり苺に光を当て、苺の糖度と硬度を上げ品質向上をさせることを目的としています。当然暖房費は半端ないです。近ごろは巻き上げ式の天張りも出てきましたが設置費が出せず踏み切れずにいます。4年ぐらいで元は取れるのですが・・・。実は始めから内張りをするための骨材が入っていないんです。

 

 

去年からエコポカプチを使用。

12月5日(月)壇山岡﨑公園からの夕日