2013年 9月 25日

後期夜冷苗は今日で5日になりました。上から2日目(24時間後)、3日目(48時間後)・・・です。
新葉がやっと動き始めました。定植した20日からずっと暑く、連日バック内温度が38度超えで活着が多少遅れ気味のようです。予報では明日辺りから日中の気温が下がってくるとの事、少し期待です。
それにしても15日定植と比べるとかなり差がつきました。
2日目
3日目
4日目
5日目
前期夜冷苗定植後10日が経ちました。
溢液(いつえき)現象でとてもきれいです。今年の苗は根の傷みが多かっただけに心配していましたが、順調に根が動いているようです。

朝、いちごの葉っぱや顎(がく)の先に露のような水滴が付く現象で、葉っぱの先端から出てきたものです。
いちごの株は土から水分と肥料を吸収し、 朝に体内の余分な水分と肥料を葉の先から外に出します。
この水分が乾くと肥料分が残り、白いあとが付きます。
この溢液現象は、根が活発で生育が良い状態の時におきます。
つまり、溢液現象は健康バロメーターになるんです。

水滴が朝日に当たって、宝石のように輝いています。

写真
写真